スタンガンなどの護身用品を通販するならJUTTE 。

大阪の実店舗でも販売していますのでお気軽にご来店下さい。

2017年2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
*の日が休業日です。
お気軽にお越しください^^
ホームスタンガンとは
スタンガンとは 【スタンガンについての説明と注意事項】
スタンガンとは
スタンガンとは、暴漢やストーカーに襲われた時や身の危険を感じたときに相手の体に当てて電気ショックを与え、
一時的に相手の動きを止めるための護身用品です。

スタンガンは、バチバチという激しいスパーク(放電)を相手に見せることにより、すぐれた威嚇の効果がありますので、事前に危険を回避することも可能です。危機的状況の中では立ち向かうことなく回避することが一番の安全策となります。

また、スタンガンを接触させるには相手に近接しなければならないため、威嚇効果の高いスタンガンと、一定の距離が取れる催涙スプレーを併用して頂くことで危機的状況からより一層安全な回避が見込めます。

特に非力な女性の方などはより威嚇・効果の高いもの、また相手との距離を保つことができる催涙スプレーとの併用をおすすめします。
 
 
スタンガンの効果
スタンガンとひと口に言いましてもさまざまなボルト数表記のものやメーカー・形状のものがございます。
しかし、接触させた時の効果としましては、製品のボルト数表記のみが基準となる訳ではございません。

もちろん、ボルト数表記が高いかどうかも、ひとつの判断材料にはなりますが、
同じボルト数表記のものでもメーカー、スタンガンの形状、電極の形などによりショックの感じ方や効果は変わってきます。
メーカーや形状が異なりますと、ボルト数表記が高い製品に比べ、ボルト数表記が低い製品の方が
体感としてのショックレベルが高いものがございます。

ショックレベルの低いものは痴漢よけなどには有効ですが、
実際に護身として「相手の動きを止める」という部分を考えた場合、

特におすすめのスタンガンはタイタンシリーズのスタンガンとなります。
こちらは、現在日本国内でもっとも実質効果の高い製品です。

こちら


 
スタンマスターGB8 タイタン65万V

などは特におすすめのスタンガンです ^^

他にも小型のものなら タイタン充電式1800K
多機能 タイタン充電式 2500K などのスタンガンもおすすめです。

また、スタンガンは、実際に表記通りのボルト数が出力されているというわけではございませんので、
一般に販売されているスタンガンのボルト数表記は、目安としての商品名であるとお考えください。

各商品ページをご参考にして頂き、詳しくはお問い合わせいただければと思います。

効果的な使用方法と致しましては、体の中心部分(腰やお腹辺り)に2~4秒間当てていただくと最も効果を発揮します。
肩・お腹・腰まわり・背中・太ももに強く接触させると効果的です。特にお腹や腰まわりに接触させると効果が高くなります。 
 
また、厚手の衣類の上よりも薄手の衣類・素肌に接触させた時、接触時間は短いよりも長いほうが効果が高くなります。
ゴム製品(レインコート等)の絶縁効果のある素材を使用した衣服への接触効果は、いちじるしく弱くなりますのでご注意ください。

人によっては効きにくいなど、どうしても個人差がでてしまうため、
すべての人が動けなくなるという事ではございませんのであらかじめご了承ください。
 

 
スタンガンの電池について
一部のスタンガンを除いて、通常ハンドタイプスタンガン、バトン(警棒)型スタンガンには9Vのアルカリ乾電池を使用していただくものが多くございます。

その場合、当店ではパナソニック製の)9Vアルカリ電池をおすすめしております。
特に9Vのアルカリ乾電池は、他社製品のものになると多少大きいものもあり、取り付けた時にスタンガンの蓋が閉まらなくなる場合があります。

パナソニックのアルカリ電池(通称:金パナ)は比較的小さくパワーがあり、当店が販売しております9Vのアルカリ乾電池を使用するすべてのスタンガンに使用できます。

また、最寄りのコンビニや量販店、電気屋さんでお求めいただけますので交換の際にも便利です。 
 
スタンガンをテスト放電する時の注意
正常にスタンガンがスパーク(放電)するかをチェックするため、テスト放電をされる場合は、
一度に長い時間、空中放電させないで下さい。空中放電は1秒以内に抑えてください。

長時間放電させますと故障の原因になりますのでご注意ください。
テスト時は何か金属製品(空き缶など)に接触させてテスト放電の実施をしていただくと長持ちします。
 
スタンガンの帯電流について
スタンガンをスパーク(放電)させた直後は電極(放電部)を手などで触らないでください。
空中や金属などの導電体にスパーク(放電)させた直後はスタンガンの電極に微量の帯電が残る場合があり
「静電気」と同じように「バチッ」と感電することがあります。

スパークさせた直後に何か金属(空き缶)などの導電体に電極を接触させて帯電流を放電してください。
電気が残っていると金属に当てた時パチッと音がします。音がしなくなれば放電完了です。
 
スタンガンに関する注意事項
スタンガンご購入に際しての注意事項です。以下のことをお守り下さい。

(1)スタンガンは護身用品ですので、自衛・護身以外の目的で使用しないでください。
(2)スタンガンは防水ではありませんので、ぬれた手で触ったり水につけたりしないでください。
 故障の原因になりますし、また火傷や感電の原因にもなります。
(3)テスト使用の場合は一度に長い時間放電させないで下さい。目安は1秒以内です。
(4)使用した後は(テストの場合も含む)必ず先端の電極部分を何か金属(空き缶など)に当てて放電させてください。
(先端の電極部分に電気が残っている場合があります。)
(5)原則として9V電池を使用するものは必ずアルカリ電池を使ってください。
(6)長期間使用しない場合は電池を抜いてください。
(7)子供の手の届かないところに保管してください。
(8)空港内での携帯はハイジャック防止法に基づき禁止されています。 
(※催涙スプレー、スタンガン、特殊警棒等の護身用品は機内だけでなく、荷物としての持ち込みも禁止されております)
(9)公共の建物や地下街、交通機関その他多くの人々が存在する場所での使用は法律で禁止されています。